美容室で絶対に失敗しないオーダーの仕方!

美容室で絶対に失敗したくないあなたへ BEAUTY

 

 

皆さんこんにちは!

元美容師ののりンゴです!

皆さんは美容室に行ったときに

「思ってた髪型と違う・・・」

とか

「もっとこうしてほしい!」

って思ったことありませんか??

のりンゴ
のりンゴ
きっと一度はみんなそういう経験あるんじゃないかにゃ?

 

 

でも自分の思ったイメージを伝えるのってすごく難しいですよね・・・

そんな方に!!

今回は美容室で絶対に失敗しないオーダーの仕方!

について語っていきます

 

思ってたのと全然違う〜涙

なんて事にならない為にも・・・!!!

 

これ、必見です!!!!

 

 

美容室に予約する時も大事

 

美容室予約

 

電話でもネット予約でも、その時に伝えられる事はめんどくさがらずに伝えるべき!

 

例えば

  • 子連れで行く際は「○歳くらいの子供と一緒です」
  • 担当は女性がいい、もしくは男性がいいなど担当の要望
  • できる限り静かに過ごしたい
  • ネット予約の場合、気に入ったスタイル写真を貼れるようなら貼る

 

最近はネット予約も多いので、こういった要望欄がすでに設けられている場合もあります。

めんどくさがらずにひとつひとつチェックしましょう!

電話予約の際も、口答で伝えられる事はしっかり伝えましょう!

特に子連れの場合などは伝えたほうが無難です・・・

 

受付はあくまでも受付

 

受付

 

受付の際にあれこれ伝えたくなってしまったりしますが、

美容室によっては美容師さんではない人が受付に立っている事もあります。

レセプションとして受付の人を別で雇っていたり、

もしくはアシスタントが立っている事が多いと思います。

美容師さんではない人に髪型の要望を伝えてもわかりませんよね?

また、アシスタントもまだ勉強中でカットのスタイルやカラーについて聞かれても

はっきり答えられない事がほとんどです。

 

髪型の要望を伝えるのは席に通されて、担当者と顔を合わせてからにしましょう!

そうすれば、

(さっき受付で伝えたのに・・・)

と、もやもやする事もないですよ!

 

 

カウンセリング中に伝える事

 

ヘアカット

 

カウンセリングはとっても大事で、

美容師さんでもすごく気をつけている部分です。

お客様も、もし初めて行く美容室だったらめちゃくちゃ緊張しますし

どんな人が担当なんだろうとか、

上手な人だといいなとか、

うまく伝えられるかなとか、

いろいろ考えると思います。

 

なので、サクッとポイントをまとめちゃいます!

 

 

最初に伝える事は、自分が絶対に譲れないところ

 

一番最初に伝える事って、その人にとって絶対譲れないところなんですよね!

 

例えば、

  • ばっさり短くしたい
  • 前髪を作りたい
  • 長さは変えたくない
  • 髪色を変えたい
  • しっかりめにパーマをかけたい
  • 髪の量が多いので軽くしたい

などなど・・・

 

なので、ここだけは絶対に譲れない!というところを一番最初に伝えましょう!

 

 

なりたいイメージの写真を見せる

 

昔はよく雑誌を切り抜いて持って行ったりしてましたよねw

今はスマホを持っている人がほとんどかと思いますので、

自分がなりたい髪型や髪色に近い画像を見せることが一番手っ取り早いです!

 

髪型だったら正面、横、後ろがわかりやすい写真だと

美容師さんもイメージつきやすいと思います。

正面の写真だけでも大体わかるんですけど、

後ろの写真がないと思っていたより後ろが短い、長いなど

イメージのすり合わせが難しかったりします。

 

髪色については、なるべく光が当たりすぎていない写真がいいですね。

確かに「光に透けたこの感じがいい!」ってのもわかるんですが

なるべく自然光や室内で撮影された写真のほうが色味やトーンがわかりやすいです。

 

 

言葉のキャッチボールを心がける

 

これも非常に大事です。

こちらから一方的にガンガン要望を伝えていっても美容師さんもテンパってしまいますw

美容師さんにもいろんなタイプがいますので(人間だもの・・・)

 

美容師さんから質問が来たら返し、

コミュニケーションを取りながら自分の要望を少しずつ会話の中で伝えていきましょう!

 

 

いいお客さんっぽく振る舞う!

 

先程も書いた通り、美容師さんも人間です。

なので、「このお客さん良い人だなあ」と思わせたほうが絶対にいいです!

 

具体的には挨拶をきちんとしたりだとか、

話しかけられた事に対してきちんと返すだとか、

ほんと当たり前の事でいいんです!

美容師さんがちょっと面白い事言ったら笑ってあげたりとかw

 

美容師さんもいろんな人がいますが、

美容師さんもいろんなお客様を見て来ています。

その中で、この人はいいお客さんだなあと思ったら

絶対に自分を指名してほしい!と思うはずです!

指名してほしいと思ったお客様には少し丁寧になったり

いつもより笑顔が自然と出てきたりするものです(人間だもの・・・)

 

少し気を使って美容師さんと接するだけで、

ちょっと丁寧にシャンプーしてくれたり、

もしかしたら知らないところでサービスしてくれたりするかも?

(わたしはこっそりちょっといいトリートメント付けてあげたりしてました)

 

お互い美容師とお客様ではありますが、

ひとりの人間なのでそこを忘れずに接してみてください!

 

 

施術中に伝える事

 

施術

 

施術に関しては、美容師さんそれぞれやり方が違います。

髪を濡らさずに乾いた状態で切ったり、

長さだけとりあえず切ってカラーして乾かした後にドライカットで調整したり・・・

 

どれが正しい、間違っているなどはありません。

 

お客様の髪質や、時間配分などいろんな事を考えて

美容師さんはその施術を選択しています。

「いつも切ってもらってる人とやり方が違うなあ・・・」

と不安に感じたりすることもあると思います。

そんな時はやんわり伝えても大丈夫です。

 

美容師さんは良くも悪くもプライドを持って仕事している人が多いので

そのやり方を全否定するような言い方はやめてあげてくださいね!

 

 

施術後(鏡で見せてもらったとき)

 

ブロー

 

納得がいかない個所があったら遠慮せずに伝えましょう!

直せる場合はその場で直してくれます。

ただ、カラーやパーマに関してはその場で直す事が難しかったりもします。

なので伝えるだけ伝えてみましょう。

 

「時間大丈夫でしたら今からでもお直しします」

「お手数ですが後日都合のいい日で構いませんのでお直しさせて頂けませんか?」

 

どちらかで対応してくれるはず!

後日対応の場合は1週間~10日後までなど、

美容室によって無料でお直しできる期間が設けられているところも多いです。

そのあたりも遠慮せず、美容師さんに聞いてみてくださいね!

 

鏡を見せてもらった時も最後まで諦めず、

自分の理想の髪型に近づくよう精一杯美容師さんに伝えましょう!

 

 

 

最後に

 

シザー

 

いかがだったでしょうか?

是非美容室でヘアチェンジする時の参考にしてみてくださいね♪

 

 

最後に、

精一杯やってくれた美容師さんには笑顔で感謝の言葉をかけてあげてください!

 

 

美容師さんにとってはそれがやりがいであり、

最高の瞬間なのです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました